社会福祉法人神女きずな会 神女中山手保育園は平成23年4月に開園しました。

NEWS

おとまり保育

平成29年7月31日

7月15日(土)、16日(日)さくらグループ(5歳児)のおとまり保育がありました。屋台メニューのクッキングをした後、お祭りごっこを楽しみます。2階コーナーに用意された、スーパーボールすくいや風鈴づくり、ホッケーや叩いてかぶってジャンケンポン、とんとん相撲のゲーム、クレープなど盛りだくさんのお店をまわりました。眠る前には3階露天風呂でくつろぎタイム…と思いきや、園庭に「ヒキガエル」が現れて大騒ぎになりました。飛び回るカエルを夢中で追いかける子どもたちでした。ハプニングも楽しい思い出です。

  • かぼちゃサラダづくり
  • ホッケーあそび
  • たたいてかぶってジャンケンポン
  • お家に帰してくれてありがとう

水遊び・プール遊び

平成29年7月31日

プールあそび

待ち遠しかった水あそびとプールあそびが始まりました。0,1歳クラスは乳児園庭で水の感触を楽しみながら、涼をとります。2歳児クラス、幼児クラスは3階園庭で、ビニールプールや大プールに入り水しぶきを上げながら全身でプールあそびを楽しんでいます。保育園ならではのダイナミックなあそびを、夏の間、開放感いっぱいに楽しむ予定です。

7月のつどい

平成29年7月31日

笹飾りの前で

7月5日(水)は七夕のつどいです。さくらグループ(5歳児)がわらべうたに合わせ、そっと音が鳴らないようマラカスや鈴をまわしていきます。最後に誰が持っている?と当てるゲームを楽しみました。

その後は、美しいブラックシアターで七夕の由来を知り、ピアノに合わせて七夕の歌をうたいます。ロビーには美しい笹が飾られていましたが、短冊には、願い事が沢山書かれていました。「救急救命士になりたい」「阪神タイガースが優勝しますように」子どもたちの夢、ご家族の願いが叶いますように。

プラネタリウム見学

平成29年7月31日

プラネタリウム

7月4日(火)さくらグループ(5歳児)が神戸青少年科学館へプラネタリウム見学に行きました。プラネタリウム番組では真っ暗な空間にドキドキする場面もありましたが、投映される美しい星空にうっとりと見入りました。その後は展示室を見学して帰ってきました。

神戸女子大学3年生の見学実習

平成29年7月31日

先輩保育士の話

7月1日(土)に神戸女子大学文学部教育学科3年生の見学実習がありました。園内の保育環境や保育の実際を観察していきます。

パワーポイントで保育園の概要説明を受け、午後は保育園の先輩保育士の話を教育センターで聴きました。観察点も細やかで、積極的に質問をする学生たちの姿は真剣です。

今後も学生ボランティアとして、来園してくれる予定です。

人形劇をみました

平成29年6月30日

6月のつどいは「すきっぷ」さんの人形劇でした。

楽しい動物たちの歌やあそびなどが続き、最後は「まっくろネリノ」のお話です。笑いあり、ちょっぴりドキドキの場面もある楽しいストーリーに、子どもたちは思わず引き込まれていました。

梅干しづくり

平成29年6月30日

「いいにおい」

パート1は5月に5歳児さくらグループが園庭で収穫したしそを塩漬けにしました。パート2は6月14日の梅干し作りです。梅を洗い、ヘタを取り除いて水気を拭きとると、部屋の中に爽やかな梅の香が漂います。

3歳児すみれグループ、4歳児ひまわりグループのお友だちも「いいにおい」と集まってきて、興味津々に作業の様子を見守っていました。

梅、しそ、塩を瓶に詰めて重石をして作業は終了です。天日干しの後、いよいよ梅干しが完成します。出来上がりが今から楽しみです。

歯みがき指導

平成29年6月30日

実際に磨きながら

6月8日は歯科衛生士さんによる歯みがき指導の日です。

パネルシアターや大きな歯の模型を使ったお話を聞き、家庭で使用している歯ブラシを使って歯みがきの練習をしました。さらに5歳児は歯垢染色を行い、磨き残しを確認しました。

「寝る前の歯みがき」と「丁寧な仕上げ磨き」が大切です。これからもきれいな歯を保つことが出来るようにしましょう。

子どもの料理教室

平成29年6月30日

包丁も使います

5月25日に5歳児さくらグループが神戸女子短期大学、ポートアイランドキャンパスへ出かけ、「子どもの料理教室」に参加しました。

毎年、食物栄養学科の先生や学生にサポートいただき、子ども主体のクッキングを楽しんでいます。この日のメニューは「鰆のみそだれ焼き」「きゅうりのごま酢あえ」「えのきと豆腐のおすまし」でした。

出汁に使う昆布や魚のお話、包丁の使い方を楽しく学び、早速料理のスタートです。

最後は学生手作りのランチョンマットの上にご馳走を並べて、美味しくいただきました。

毎月のつどい

平成29年6月30日

これはおうこくのかぎ

5月のつどいは「文学の会」です。つどいのオープニングは5歳児さくらグループが、詩「これはおうこくのかぎ」を唱えました。

詩「かたつむり」、文学あそび「みんなでぐるぐる」や「ミルクをのむと」を見たり、大型絵本を読んでもらったりして、ことばの世界を楽しみました。

諏訪山へ

平成29年5月31日

幼児クラスになると諏訪山の金星台へ、散歩でよく訪れては自然に親しむ機会を作っています。この日はおにぎり弁当をリュックサックに入れて、4、5歳児が諏訪山の灯籠茶屋付近へ園外保育に出かけました。川では水遊びや、枝をつり竿に見立てて魚釣りをしたり、アメンボやヤゴを観察したり、山の自然の中でのびのびと遊びました。

好奇心いっぱいの子どもたちは、自然の中でもあそびの天才です。

鍵盤ハーモニカ教室

平成29年5月31日

真剣な表情です

5歳児(さくらグループ)が鍵盤ハーモニカ教室に参加しました。楽器の扱い方やしくみを学んだ後はいよいよ鍵盤を使って遊びます。「ド」でたくさん遊んだり、大好きなうたを歌ったりして、最後には美しいピアノの音色に合わせて“きらきらぼし”を演奏しました。

楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。これからは、各クラスで鍵盤ハーモニカ奏に取り組んでいきます。

えいごであそぼう

平成29年5月31日

A Beautiful Butterfly

今年も神戸女子大学文学部英語英米文学科の学生が毎月1回来園し、年間10回『えいごであそぼう』を楽しみます。4月27日(木)は今年度の第1回目でした。

Hello Songを歌ったり、絵本“A Beautiful Butterfly”を見たりしながら、楽しく果物と色の言葉になじんでいきます。自分のチョウチョウに好きな色を塗った後は、グループ毎の発表タイムです。子どもたちは経験を重ねる毎に、自然に英語に親しみを持つようになっていると感じます。学生のきめ細やかな子どもたちへの関わりが、信頼へと繋がるのでしょう。

そよかぜひろば

平成29年5月31日

こいのぼりであそぼう

毎週月曜日の午前中は地域の親子が3階園庭に遊びに来る「そよかぜひろば」です。爽やかな風が吹く園庭で、保育園の遊具を自由に使って遊んでいただいています。そして、月に1回程度はちょっぴりお楽しみのイベントがあります。「ようこそ保育園へ」ではこいのぼりの前で写真撮影後、「よーいドン」でかけっこをしました。「こいのぼりであそぼう」では、クイズあそびや歌あそびを楽しみました。

年間8回の遊戯室開放では、神戸女子短期大学の塚田先生に「子育て相談」をご担当いただいており、地域の皆様には、子育ての悩みを安心して相談できると喜んでいただいています。「そよかぜひろば」は今後もさらに内容も充実させていく予定です。

4月のつどい

平成29年4月28日

4月13日(木)は3階園庭で「4月のつどい」を楽しみました。こいのぼりの由来を聞いた後は、「春見つけクイズ」です。ヒントを頼りに手をあげ、答えていきます。こいのぼりのうたを歌った後、大きなこいのぼりの口から入り、お腹をくぐってみました。ちょっぴり怖いお友だちは外から応援します。くぐり終えたお友だちは「おもしろかったよ〜」と楽しそうに教えてくれました。

今年も青空を元気に泳ぐこいのぼりに、子どもたちの健やかな成長を祈ります。

  • 「はる」をみつけよう
  • くぐってみようかな
  • おおきくて楽しいな!
  • みんなを見守っています

おたのしみランチ

平成29年4月28日

神女中山手保育園は毎月、「おたのしみランチ」の日があります。

幼児クラスはそれぞれ、子どもたちと相談しながらアイディアを出し合います。4月はオリジナルの旗を立てたお子さまランチ、3階テラスでおしゃれランチ、くじ引き付のわくわくランチなど、各クラスが工夫を凝らしながらランチタイムを楽しみました。

桜の木の下で

平成29年4月28日

4月5日(水)春風が心地よい一日です。

教育センターの桜も子どもたちをお祝いするかのように、開花を待ち、迎えてくれました。3歳児すみれグループも幼児クラスになり、制服を着て初めて写真撮影会に参加します。桜の木の下で「はーい!撮りますよ」

一人ひとりのポーズと、とびきりの笑顔が素敵です。

入園のつどい

平成29年4月28日

4月1日(土)今年度の「入園のつどい」では、22名の新入園児のお友だちを迎えました。

担任の保育士から名まえを呼んでもらうと、お家の方と一緒に「はーい」と元気にお返事をしてくれます。幼児クラスのお友だちが歌うわらべうたを聴き、保育士のおはなしを見た後は、クラスに分かれて遊びます。保護者の皆様には、クラス懇談会にご参加いただきました。

今日から皆さんは、神女中山手保育園の大切なお友だちです。「愛されている」「大切にされている」「認められている」と感じられるように、私たちは愛情いっぱいに受け止めていきます。

心と体の成長に繋がるたくさんのあそびを、五感をフルに使いながら楽しんでいきましょう。

  • おうちの方と一緒に
  • わらべうたでお祝い
  • 「だるまさんが」のお話
  • クラスで自己紹介

第6回しゅうりょうしき

平成29年3月31日

3月18日(土)いよいよ5歳児さくらグループが「しゅうりょうしき」の日を迎えました。

春の風が心地よい朝、晴れやかな笑顔で登園した子どもたちは、心地よい緊張感に包まれながら式に臨みました。誇らしげな表情で修了証書をいただき、胸をはって「思い出のことば」や歌を歌います。

4歳児ひまわりグループが、職員と一緒に心をこめてお祝いの言葉や歌をプレゼントしてくれました。

異年齢で一緒に過ごしたさくらグループはクラス皆の憧れであり、頼もしいリーダでした。

これからも嬉しい時や困った時、保育園に遊びに来て、私たちにお話ししてくださいね。