社会福祉法人神女きずな会 神女中山手保育園は平成23年4月に開園しました。

NEWS

人形劇をみました

平成30年6月29日

さんまいのおふだ

6月のつどいは「おはなしのくに」さんによる人形劇を鑑賞しました。

人形が一生懸命パンツを自分ではこうとするお話「パンツのはきかた」は、子どもたちからの「がんばれ〜」という大声援がきこえます。天井まで届く高くて長いお話「ほしい・ほしい」、そして鬼婆が怖いハラハラドキドキした「さんまいのおふだ」では、最後までストーリーに引き込まれていました。

梅干しづくり

平成30年6月29日

しその収穫

5歳児さくらグループが園庭で収穫したしそを使用し、6月18日に2018年も梅干し作りをしました。梅を洗い、ヘタを取り除いて水気を拭きとると、部屋の中に爽やかな梅の香が漂います。

3歳児すみれグループ、4歳児ひまわりグループのお友だちも「いいにおい」と集まってきて、興味津々に作業の様子を見守っていました。

梅、しそ、塩を瓶に詰めて重石をして作業は終了です。天日干しの後、いよいよ梅干しが完成します。

歯の衛生

平成30年6月29日

歯みがき指導

6月6日は歯科衛生士さんによる歯みがき指導の日でした。パペットや大きな歯の模型を使ったお話を聞き、家庭で使用している歯ブラシを使って歯みがきの練習をしました。さらに5歳児は歯垢染色を行い、磨き残しを確認しました。

6月22日は4,5歳児が歯科健診を受けました。「寝る前の歯みがき」と「丁寧な仕上げ磨き」が大切です。これからもきれいな歯を保つことが出来るようにしましょう。

子どもの料理教室

平成30年6月29日

包丁も使います。

5月24日(木)5歳児さくらグループが神戸女子短期大学・ポートアイランドキャンパスへでかけて「子どもの料理教室」に参加しました。

毎年、食物栄養学科の先生や学生の手厚いサポートを受けながら、子ども主体のクッキングを楽しんでいます。この日のメニューは「さわらの野菜あんかけ」「たことおくらの酢の物」「あさりと小松菜の味噌汁」でした。昆布やさわら、たこやあさりなど海の食材について学び、実際に調理を行うことで、達成感いっぱいの食育活動になりました。最後は学生手作りのランチョンマットに料理を並べて、美味しい昼食をいただきました。

保育参観

平成30年6月29日

給食です。どうぞ。

6月と11月は保育参観と個別懇談の月です。0,1,2歳児クラスの保護者の皆様にはマスクと帽子で変装して、保育室をご覧いただきます。ほとんどの子どもたちは気付く様子もなく、普段通りに過ごしていました。3,4,5歳児の幼児クラスは保育室の中に入り、お父さんお母さん先生に絵本を読んでいただきます。子どもたちと一緒に過ごした後は、給食の試食です。その後個別懇談で情報交換を行いました。

諏訪山へ

平成30年5月31日

幼児クラスになると諏訪山へ、散歩でよく訪れては自然に親しむ機会を作っています。今年も4、5歳児がおにぎり弁当をリュックサックに入れて、園外保育に出かけました。道中の景色、虫の観察や枝拾い、川辺での水遊びなど、自然の中で時を忘れて遊ぶ子どもたちは嬉々としています。自然に親しみ、好奇心や探究心を持って主体的に遊べる子どもの育ちを大切にしたいと思っています。

食育その3・そら豆をむいてみよう

平成30年5月31日

給食メニューに登場する「そら豆」のさやを、子どもたちがむきます。さやのふわふわベッドは、「真っ白で気持ちいいね」、「そら豆のあかちゃんみたい」と和気あいあいと話しながら、お手伝いを楽しみました。

保育園ではこれからも様々な形で、「食」に関わる体験を重ねていきます。

食育その2・手作りおやつ

平成30年5月31日

保育園では栄養満点の手作りおやつを食べています。毎月、新作メニューが登場しています。

  • 豚まん
  • 柏餅
  • きなことはちみつのホットケーキ
  • ごまクッキー
  • みたらし団子

食育その1・キッズクッキング「包丁を持ってみよう」

平成30年5月31日

5歳児さくらグループになると、子ども用包丁を使ったクッキングにチャレンジします。5月14日(月)は包丁の扱い方や切り方を管理栄養士から教わりました。全員で説明を聞いた後は、猫の手で包丁を持ち、きゅうりを丁寧に切っていきました。

鍵盤ハーモニカ教室

平成30年5月31日

5月7日(月)5歳児(さくらグループ)が鍵盤ハーモニカ教室に参加しました。雨降りのこの日は童謡「雨ふり」のうたでスタートです。講師の先生から楽器の扱い方やしくみを学んだ後は、ド・レ・ミ遊びや、指あそび、鍵盤を使った演奏を楽しみました。

5歳児の活動として、今後も鍵盤ハーモニカ奏に取り組んでいきます。

そよかぜひろば

平成30年5月31日

「そよかぜひろば」では遊戯室開放の他にも毎週月曜日の午前中、地域の皆様に3階園庭を開放しています。爽やかな風が吹く園庭で、保育園の遊具を自由に使って遊んでいただいており、月に1回程度はちょっぴりお楽しみのイベントを開催しています。5月は「こいのぼりであそぼう」でした。園庭にかくれんぼしている「こいのぼり」を探してシールを見つけると、素敵な四葉のクローバーが完成しました。

安全の日・避難消火訓練

平成30年4月27日

火災時の約束を聞きます

神女中山手保育園は毎月、「避難消火訓練・安全の日」に子どもたちと一緒に訓練や点検、安全教育を行っています。訓練内容は火災のほか地震、土砂災害、ガス漏れ、不審者対応など様々です。緊急事態備え、消防署や警察とも連携をとり合いながら計画的に実施しています。

4月20日(金)今年度1回目のねらいは「非常ベルの合図を覚え、担任のもとに集まる」です。4月入園のお友だちや小さなクラスのお友だちも、怖がることなく安全に集まり、話を聞くことができました。

4月のつどい

平成30年4月27日

4月12日(木)は3階園庭で「4月のつどい」を楽しみました。シルエットクイズや「こいのぼり」のうたを歌った後は、5歳児さくらグループがこいのぼりを持って登場してくれます。青空を元気に泳ぐこいのぼりに、今年も子どもたちの健やかな成長を祈ります。

  • 仲良し「こいのぼり」
  • さくらグループ登場
  • お腹をくぐってみました
  • 大空を泳ぐ「こいのぼり」

桜の木の下で

平成30年4月27日

4月3日(火)今年の桜は開花時期が早く、4月に入ると桜の花びらが春風に舞い始めました。その光景があまりにも美しいので、おやつのおにぎりを持って、西園庭でお花見です。満開の桜の木の下にシートを敷き、おともだちと一緒に桜を見上げながら、美味しいおにぎりをほおばります。4月は「さくらゼリー」もおやつメニューに登場しました。

  • さくらゼリー

入園のつどい

平成30年4月27日

4月2日(月)18名の新入園児のお友だちを迎え「入園のつどい」を行いました。担任から名まえを呼んでもらうと、元気にお返事をしてくれます。新5歳児さくらグループはちょっぴり緊張しながらも、お祝いの気持ちを込めてわらべうたや園歌のプレゼントを贈ります。職員紹介やパネルシアターを見た後、保護者の皆様は、クラス懇談会にご参加いただきました。初めての給食は鯛めし・松風焼き・かぼちゃの和風あんかけ・花麩のそうめん汁です。小さなクラスはご家庭と連携しながら、個々の食事状況や発達に合わせた離乳食、乳児食をすすめていきます。

保育士は子どもたちの心の基地になるよう、愛情豊かに一人一人の心に寄り添っていきます。そして豊かな体験やあそびを通し、個性を大切にしながら、生きる力の基礎を培う教育・保育に努めてまいります。

  • クラス懇談会

修了児さくらグループ

平成30年3月31日

3月13日(火)は修了する5歳児を小さいお友だちがお祝いする集いでした。5歳児は竹馬やあやとり、サッカー、こま、鍵盤ハーモニカなど得意な遊びを披露し、その様子を小さなお友だちは憧れの目で見つめます。

そして、17日(土)は「第7回修了式」です。心地よい緊張感に包まれながら、晴れやかな表情で修了証書をいただきました。4歳児ひまわりグループは、職員と一緒に心をこめてお祝いの言葉や歌を贈ります。アイディアを出し合いながら遊びや生活を主体的に考え、行動できるさくらグループは皆の憧れでした。小学校へ行っても、一人ひとり個性豊かに輝いてくれることでしょう。

手作りおもちゃをいただきました

平成30年3月31日

カレーライス絵本

3月7日(水)神戸女子短期大学幼児教育学科2年の永井ゼミ生が手作り絵本を持って来てくれました。

サンドイッチや人参、玉ねぎ、じゃがいも、豚肉、お鍋、調味料なども丁寧にフェルトで作られた布絵本です。手遊びの歌に合わせながら、子どもたちに紹介してくれました。心のこもったプレゼントは愛情がいっぱいで、小さな子どもたちにも大好評でした。

春の園外保育

平成30年3月31日

ぞうのお食事タイム

3月6日(火)幼児クラスが王子動物園へ園外保育に出かけました。クラス毎に分かれて見学するので、じっくりと動物を観察できます。ぞう、ペンギン、カバ、チンパンジー、キリン、しろくま、ライオン、パンダのもぐもぐタイムは子どもたちにも人気でした。

春風の心地よい広場では、お楽しみのおにぎり弁当をいただきました。

ひなまつり

平成30年3月31日

3月2日(金)はひなまつりの行事日です。小さいお友だちが雛飾りの前に集まってくると、エプロン姿の5歳児さくらグループがカルピスを作り、お客様を出迎えてくれました。全員に配り終えると「うれしいひなまつり」を歌います。子どもたちの健やかな成長を願う春恒例の行事です。

給食は「特製ひなり寿司」を、おやつは手作りの「二色ゼリー」をいただきました。

  • 特製ひなり寿司
  • うれしいひなまつり

修了児のキッズクッキング

平成30年3月31日

お客さんの前で

もうすぐ修了する5歳児さくらグループの子どもたちが、2月21日(水)はクッキーづくり、3月7日(水)は餃子づくりをしました。クッキーはクラス毎にアイディアを出し合い、デザインを考えました。

餃子は3、4歳児の子どもがお客さんになり、焼き立ての餃子をお皿に入れてもらいます。湯気とごま油の香りいっぱいのホールに「おかわり」の声が響いていました。

神女ひろば

平成30年2月28日

2月17日(土)の「神女ひろば」は2歳児クラスと幼児クラスの保護者が参加する生活発表会の日です。1階の遊戯室はおはなし遊びの発表、2階は作品の展示やゲーム、あそび、食育と試食など、親子でコーナーあそびを体験していただきました。

今年のあそびコーナーのテーマは「素材」です。においや重さ、音の比較、手触りの違いなどを感じながら、クイズ形式にして楽しみました。

  • においの違いに気づくかな?
  • しろくまのパンツ
  • エルマーのぼうけん
  • かさじぞう
  • ふくろうのそめや

冬野菜を収穫しました

平成30年2月28日

3階園庭で子どもたちが育てた青梗菜や大根を、5歳児さくらグループが収穫しました。ビニール温室ですくすく育った青梗菜は立派な生育です。給食に登場したり、クッキングで青梗菜スープにしたりして味わいました。大根はスリムな体型でしたが、「神女ひろば」きずな食堂で、美味しい豚汁の具になりました。

節分

平成30年2月28日

2月2日(金)幼児クラスは節分の由来を聞き、豆まきをしました。1年間の邪気を追い払うように「鬼は外、福は内」と遊戯室に大きな声が響くと、いよいよ鬼の登場です。ちょっぴり怖い鬼たちに負けないよう、元気よく豆まきをしました。

給食は具材を選びながら、オリジナルの手巻き寿司をいただきました。

ピアノコンサート

平成30年2月28日

1月29日(月)は、神戸女子短期大学幼児教育学科の廣田 周子先生と河本 理沙先生にご来園いただき、ピアノ演奏を鑑賞しました。サン=サーンスの動物の謝肉祭他、有名なクラシック曲など、心地よい時間の後は、先生の美しい伴奏に合わせて幼児の歌を楽しみました。「とけいのうた」、「おもちゃのチャチャチャ」、「おかあさん」など、のびのびとした歌声が響きます。

大学と連携している保育園ならではの行事です。素敵な時間をありがとうございました。

  • 小さな子も手拍子や、体でリズムをとり、楽しみました。