社会福祉法人神女きずな会 神女中山手保育園は平成23年4月に開園しました。

NEWS

水遊び、プール遊び

平成28年8月31日

連日の猛暑日も保育園の子どもたちにとっては格好の水遊び、プール遊び日和です。

0歳クラスと1歳クラスは1階園庭で水遊びを楽しみます。たらいに浸かって行水気分、バケツと柄杓、色水あそびに泡あそび、思いおもいに水の感触を楽しみながら、涼をとります。

2歳クラスと幼児クラスは3階園庭で、ビニールプールや大プールでダイナミックに水しぶきや歓声を上げながらプール遊びを楽しみました。夏ならではの楽しいあそびです。

  • 0,1歳は海賊船がお気に入り
  • 屋根つきプールはお家みたい
  • 顔つけやバタ足も楽しみます

キッズクッキング「パン作り」

平成28年8月31日

8月のキッズクッキングは「パン」に挑戦です。生地の材料をよくこねて、発酵させます。生地の中の空気を抜いて休ませるベンチタイムの後、いよいよ成形です。

管理栄養士からパン作りの話を聞いた子どもたちは、オリジナルのパンの創作に熱心で、ハートパン、かたつむりパン、骨パン、うさぎパンなどユニークで楽しいパン生地を完成させていました。再び発酵させた後、オーブンで焼いてもらい、出来立てをおやつにいただきました。

神戸女子短期大学のお姉さんと「えのぐであそぼう」

平成28年8月31日

今年も神戸女子短期大学幼児教育学科長谷川先生のゼミ生と絵の具あそびを楽しみました。

3階園庭に大きくて長い紙、色とりどりの絵の具や大小様々なボールが準備されています。

好きなボールを手に取り、絵の具をつけると真っ白な紙に転がしていきました。デコボコ線にひょろひょろ曲線、ボールは予測できない線を描きながら進みます。好きな色が幾重にも重なり美しい模様を描くさまを目にして、子どもたちは歓声をあげていました。

ボールをタライの水につけると、大空に浮かぶ雲のように美しい広がりをみせます。手足もキャンパスになったかのように、絵の具に親しみました。

暑い中でも笑顔で子どもたちのために準備から後片付けまで頑張ってくださった長谷川先生とゼミ生の皆様には本当にありがとうございました。

オペレッタ「ともだちほしいな おおかみくん」

平成28年8月31日

神戸女子短期大学幼児教育学科の桐原先生と12人のゼミ生が、8月5日(金)神女中山手保育園に来てくれました。2歳児〜5歳児までの子ども達はテンポ良い温かな歌声と楽しいストーリーに最後まで引き込まれていました。いつもは怖いのですが、今日のおおかみは親切で優しく親しみが持てます。そして何よりお姉さん達の一生懸命さが伝わってくる素敵なオペレッタでした。

最後はお姉さんとハイタッチ!一人ひとりの子ども達を笑顔で見送っていただき、楽しいひとときを過ごす事ができました。

お泊り保育

平成28年7月29日

7月16(土)17(日)は5歳児が保育園でおとまりをする日です。「お父さん、お母さんがいないから夕飯は自分たちで作る」と前日に買い物もすませていました。今年のテーマは「夜店ごっこ」です。焼きおにぎりと醤油コーンとポテトサラダは自分たちで作りました。その他にから揚げ、フランクフルト、枝豆、人形焼き、チョコバナナ、そして、色々なお楽しみコーナーもあります。満足の時間が過ごせたので、夜は全員ぐっすり眠っていました。そして、翌日、保護者の胸に飛び込んでいく子どもたちの表情は自信に満ちて、一回り成長したように見えました。

  • お買い物
  • クッキング
  • パジャマでパチリ

すいかまつり

平成28年7月29日

行吉学園の夏の恒例行事「すいか祭り」を保育園でも開園以来毎年行っています。今年もなんと12kg以上もある大きな大きなすいかとそのすいかを切る大きな包丁に子どもたちはびっくりしていました。暑い夏には身体を冷やしてくれる旬の野菜をたくさん食べて、夏ならではの遊びを楽しみましょうね。

神戸女子大学文学部教育学科の学生の見学

平成28年7月29日

7月9日(土)に神戸女子大学文学部教育学科3年生の見学がありました。最初に園の概要について、パワーポイントを見ながら説明し、その後自由に園内見学です。その後約30分間ですが、わらべうたを学生に体験していただきました。午後は先輩保育士の話です。真剣に聴いて積極的に質問してくる学生たちの姿に頼もしさを感じました。これから始まる保育実習へ向けてがんばってください。

プラネタリウム鑑賞と七夕のつどい

平成28年7月29日

7月5日(火)5歳児はポートアイランドにあるバンドー神戸青少年科学館でプラネタリウムを鑑賞し、翌日は保育園のみんなで七夕のつどいを楽しみました。つどいでは、今月も5歳児が主役になって「柳の下には」にあわせてじゃんけんゲームをしました。

最後は先生によるブラックシアター「たなばた」です。
夜空の星、ひこぼしとおりひめが…と子どもたちの夢がふくらむ毎年恒例の行事です。

文学のつどい

平成28年7月29日

6月16日(木)のつどいのテーマは「文学」と大それた名前がついていますが、物語を聴いたり5歳児が詩を朗読したりします。うみ組は「これはいつも遅れがちな時計」、やま組は「カエル遊び」、そら組は「すみれちゃんももちゃん」です。言葉を覚えて、友だちと一緒に発表する表情は緊張しながらも誇らしげに輝いていました。

最後は保育士たちからの人形劇「ありこのおつかい」です。
言葉からイメージをふくらませる豊かなひとときでした。

保護者の皆様と連携して

平成28年6月27日

お父さんと折り紙

神女中山手保育園では6月と11月を「保育参観・給食の試食・個別懇談」の月と決めて、保護者の方に都合の良い日を選んで来ていただいています。乳児の保護者は帽子やマスクをつけて子どもに気づかれないように、幼児の保護者には途中で保育士体験もしていただくので、子どもたちはその日をとても楽しみにしています。

そして、管理栄養士の話を聞きながらの給食試食会、担任保育士との個別懇談も行います。子ども、保護者共に有意義な1日になりましたら嬉しいです。

歯を大切に

平成28年6月27日

6月7日(火)4、5歳児が歯科医の健診を受けました。

健診後、先生が「虫歯の無い子が多かったです、家庭での口腔ケアがしっかりされていますね」と言ってくださいました。

また、9日(木)は歯科衛生士さんから歯みがき指導を、そして、5歳児は歯に歯垢染色液をぬってもらい、鏡を見ながら歯みがきをします。最後に一人ずつ歯を見てもらって全員が「歯みがき名人」になることができました。

お花の定植

平成28年6月27日

5月に蒔いた花の種が芽を出し本葉もでてきました。いよいよ定植です。6月第1週に5歳児は一人ずつ自分の植木鉢にひまわり、コスモス、あさがおの中から好きなのを選んで植えました。「どんな花が咲くのかな?」楽しみにしながら、毎日の水やりもがんばっています。

子どもの安全講習会

平成28年6月27日

5月26日(木)のつどいに看護師さんに来ていただいて「体」や「怪我」についてのお話を聞きました。幼児は日頃の「環境認識」の中で学んでいるので骨や筋肉など体のしくみを興味深く聴いていました。そして、「もし、高いところから落ちたら頭はどうなるのかな?」という実験もありましたが、迫力があって印象に残ったようでした。楽しく安全に遊ぶことの大切さを再確認することができました。

子どもの料理教室

平成28年6月27日

5月24日(火)、5歳児が神戸女子短期大学で行われた「子どもの料理教室」に参加しました。先生の「今日の献立はお姉さんも手伝いますが、作るのは皆さんです」の言葉に、わくわくしながらスタートしました。

きゅうりの皮をピーラーで剥き、教えていただいたように包丁を使って切っていきます。また、味噌を溶かすと液体になり、出し汁に入れると、鍋いっぱいに広がる香りを感じます。火傷をしないように魚焼き網から魚をはずしてお皿に盛りつけました。全力で思考し、集中する子どもの表情は真剣そのものでした。怪我なく、そして、お料理が自分たちで完成できるように、お姉さん達の細やかな配慮と援助が行き届いていました。

今日の献立は「枝豆ごはん」「さわらの野菜あんかけ」「きゅうりのごま酢和え」「わかめと豆腐の味噌汁」です。できました!!みんなで美味しくいただき、満足感でいっぱいでした。

食物栄養学科の先生方、学生の皆さん、楽しい料理教室をありがとうございました。

神戸女子短期大学2年生の観察実習

平成28年5月31日

5月20日、27日(金)の2回にわけて2年生112名が観察実習にやってきました。間もなく保育実習を控えているので真剣に学ぼうとする姿が印象的でした。

  • 幼児の毎日体操
  • わらべうたを体験しました