保育理念

愛情あふれる保育
一人ひとりの子どもに愛情を注ぎ、子どもの人格、個性、心、夢、そしてきずなを尊重した保育を展開する。
健やかな成長を支える保育
子どもが心身ともに健康、安全で情緒の安定した活動ができる環境を用意し、生きる喜びと生きる力を育むことを基盤として、その健やかな育ちを支える。自主、自律、協同、感謝の精神を養い、豊かな情操の素地を培うとともに、思考力や創造力の芽生えを助け促し、人間形成の基礎を築く。
大学、短期大学との連携
神戸女子大学、神戸女子短期大学と活発に交流し、教育研究の成果を保育の実践に取り入れ、常によりよい保育を追求していく。
子育て支援
地域の様々な社会資源との連携を図りながら、在園する子どもの保護者及び地域の家庭が本来備えている育児機能を充分に発揮できるよう支援し、共に育ちあう。

保育目標

■『心も身体も健やかな子ども』 望ましい子どもの姿
  • ・感性豊かな子ども
  • ・元気で明るい子ども
  • ・友だちと仲良く遊ぶ子ども
  • ・我慢の心をもつ子ども