社会福祉法人神女きずな会 神女中山手保育園は平成23年4月に開園しました。

NEWS

しゅうりょうしき

令和2年3月31日

3月21日(土)は 『第9回しゅうりょうしき』 です。今年度は新型コロナウィルス感染症拡大防止の為、参列人数や時間を縮小し、内容を一部変更して開催しました。保護者の皆様にもご協力いただき、和やかな式になりました。当日は心地よい緊張感に包まれながら、 子どもたちは晴れやかな表情で、修了証書をいただきます。自分の言葉で堂々と気持ちを伝え、歌を歌う子どもたちを心から誇らしく思います。

どんな時も自分で考え、友だちと話し合い、協力し合えるさくらグループは皆の憧れでした。小学校へ行っても、一人ひとりの個性を豊かに出して輝いてくれることでしょう。

春の園庭

令和2年3月31日

園庭では、子ども達と一緒に野菜や花を植え、お世話をしています。苗の植え替えや花壇の手入れは、子どもたちの大好きな活動です。冬野菜やブロッコリーの収穫をした後は、給食で美味しくいただきました。

普段は野菜嫌いの子ども達も口にして味わい、興味が深まっています。おにぎりを園庭で食べたり、やわらかい日差しの中、ゲームを楽しんだり、春を楽しんでいます。

手作りおもちゃをいただきました

令和2年3月31日

3月6日(金)神戸女子短期大学幼児教育学科2年の永井ゼミ学生が来園し、心のこもった手作りおもちゃをプレゼントしてくれました。小さな子どもの発達を考えて、大きめのボタンつなぎのお人形です。 1歳児ほし組の子どもたちが代表して、プレゼントを受けとりました。

早速、器用にボタンを指でつまみ、一人一人のお顔や髪型が違うお人形の手を繋いでいきます。

1歳児の頃は、子どもたちは身の回りのことを何でも「自分で」やりたい時期です。意欲的に着脱に取り組む前に、ボタンやスナップ、ファスナー等十分に遊びの中で経験していきます。

3月の食育

令和2年3月31日

3月3日(火)は「ひなまつり」のお祝いです。

例年はひな壇の前で歌を歌い、カルピスをいただくのですが、今年度は新型コロナウィルス感染症の影響の為、全ての行事が中止となっています。その為、給食もより華やかになるように工夫し、お花寿司、鶏肉のごま照り焼き、ブロッコリーのツナ和え、 花麩のすまし汁、おやつは手作り2色ゼリーをいただきました。

5歳児のクッキング「餃子パーティー」も中止になりましたが、管理栄養士が手作りした餃子は野菜が豊富です。このような時期だからこそ、美味しく栄養満点の食事を大切にしたいものです。

神女ひろば

令和2年2月28日

2月15日(土)の「神女ひろば」は2歳児クラスと幼児クラスの保護者が参加する生活発表会の日です。

1階の遊戯室は「おはなし遊び」の発表、2階は食育と試食の「きずな食堂」、写真展示やゲーム、環境認識あそび、1階の遊戯室の「おはなし遊び」の発表を同時中継する「上映コーナー」など自由に親子でコーナーあそびを楽しみます。

今年の「きずな食堂」のメニューは、園庭で収穫した大根を使った「おでん」です。

  • めっきらもっきらどおんどん
  • おやゆびひめ
  • むしたちのうんどうかい
  • のらねこぐんだんきしゃぽっぽ

人形劇

令和2年2月28日

2月12日(水)神戸女子短期大学幼児教育学科 人形劇部の学生が人形劇を上演してくれました。

エプロンシアターや手遊びの後は人形劇「よるのほいくえん」が始まりました。最後までお話の世界に入る子どもたちの表情は、真剣そのものです。

お話の後の優しいお姉さんとの触れ合いも、子どもたちにとっては楽しいひとときです。

ピアノコンサート

令和2年2月28日

1月30日(木)は、神戸女子短期大学幼児教育学科の廣田 周子先生と橋 智子先生、学生2名で来園いただき、ピアノ演奏を鑑賞しました。

今年はサン・サーンス作曲、音楽劇「動物の謝肉祭」です。先生方の連弾と学生のナレーションで、子どもたちの心に動物たちと情景が描かれていきます。

心地よい時間の後は、先生の美しい伴奏に合わせて幼児の歌を楽しみました。短期大学・大学と連携している保育園ならではの行事です。

豊かで素敵な時間をありがとうございました。

サッカー教室

令和2年1月31日

12月に引き続き、4,5歳児対象に「サッカー教室」を開催しました。

ボール鬼ごっこやボール遊びで十分体を動かします。ドリブルしながら目的の場所までボールを転がすのは、幼児にとって難しい行為です。「どこいくねん〜」とボールを追いながらも楽しげに全力でボールに追いつき、 ゴールに進みます。全身運動と同時に調整力、コントロール力などが試されます。女の子も2人でボールを譲りつつ、シュートを楽しんでいました。

最後はゲームができるようになり、どの子もサッカー選手のように体育館を走り抜けていました。

コリントゲームをつくってあそびましょう

令和2年1月31日

1月14日(火)神戸女子短期大学 長谷川ゼミの先生と学生が来園し、5歳児さくらグループが活動に参加しました。はじめは学生手作りのコリントゲームであそび、作り方のレクチャーを受けます。

自分で選んだ箱で制作開始するのですが、子どもの発想とアイディアは溢れるようにでてきます。色とりどりに用意された材料を使い、ビー玉の転がる道を作っていきました。上手くいかなかったらどうする ? のりはどこにつければよいの ? 思考力を働かせながら工夫し、落とし穴、ジャンプ台などのオリジナルゲームを完成させました。

1月のつどい

令和2年1月31日

1月9日(木)「1月のつどい」は新年のつどいです。5歳児さくらグループと職員がお正月あそびで競い合います。カルタは素早い子どもの勝ち ! 鏡もち運び、福笑い、すもう、こま回しも真剣勝負でした。羽根つきでは保育士が羽根を落とす度に顔に×がつきます。

この日のおやつはつきたての「おもち」でした。丸くまるめてきな粉、砂糖醤油につけておいしくいただきました。

おねえさんとあそぼう

令和2年1月31日

12月25(水)神戸女子大学の隠岐ゼミ、竹田ゼミの学生による「お姉さんとあそぼう」を楽しみました。子どもの動作により変化するデジタル絵本、ペープサートやうた、パネルシアターなど、最後まで楽しくプログラムはすすんでいきます。 「おもしろいね〜」と顔を見合わせ笑い合う子どもや、終わった後も「もっと見たかったな」と学生との別れを惜しむ子どももいました。
神女中山手保育園の子ども達は、お姉さん達が大好きです。

クリスマスウィーク

令和元年12月27日

保育園のクリスマスウィークは夢いっぱいです。サンタさんもきてくれました。

  • クリスマスコンサート
  • サンタさんありがとう
  • 大満足のバイキング
  • クリスマスクッキー

わらべうたであそぼう

令和元年12月27日

12月10日(火)子どもたちは講師や保育士と一緒に「わらべうた」で遊び、職員は研修を受けました。「わらべうた」は音楽教育として言葉・聞く力・リズム感・運動機能・判断力や敏捷性など、楽しみながら子どもの心と体を発達させます。

今後も研修を受けながら、わらべうたに親しんでいきます。

第8回きずなDAY・おおきくなったよ

令和元年12月27日

12月7日(土)神戸女子短期大学との連携事業 『 第8回きずなDAY 』 と保育園行事 0,1歳児クラスの 『 おおきくなったよ 』 を同時開催しました。 『 きずなDAY 』 は保育園親子に遊びのコーナーを楽しんでいただきました。人形劇や音楽あそび、制作遊びや手作りおもちゃ、運動遊びなど盛りだくさんの各コーナーで、学生たちが笑顔いっぱいに迎えてくれました。

毎年、地域の子育て家庭の皆様にも楽しみにしていただいています。お子さまをお預かりしている間、保護者の皆様にはお茶を飲みながらの座談会、お子さまのアルバム製作などを楽しんでいただきました。学生の皆さんや短大の先生方と連携いただける保育園ならではの行事です。

『 おおきくなったよ 』 は0,1歳クラスの保護者の皆様に、これまでの個々の成長や日頃の遊びの様子をビデオや展示でご覧いただいたり、クラス懇談会で懇親を深めていただいたりしました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

  • 人形劇
  • 音楽あそび
  • 制作あそび
  • 預かり保育

サッカー教室

令和元年12月27日

12月2日(月)4,5歳児を対象に「サッカー教室」を開催しました。ボールを使った楽しい遊びから、最後には2チームに分かれて試合が出来るまでに指導していただきます。シュートが決まると大きな歓声が上がり、教育センターの体育館は熱気に包まれていました。

次回は1月に予定しています。