社会福祉法人神女きずな会 神女中山手保育園は平成23年4月に開園しました。

NEWS

1月の避難消火訓練

平成31年1月31日

机の下に避難します

阪神淡路大震災から24年目を迎え、今年も1月17日に子どもたちと一緒に地震時の避難訓練を実施しました。避難後は阪神淡路大震災について話を聞き、命の尊さを学びます。紙芝居を見た後、おやつは非常食の体験をしました。

そして、保護者の皆様には災害伝言ダイヤルの体験利用を、職員は伝達訓練を行いました。

1月のキッズクッキング(うどんをつくろう)

平成31年1月31日

1月10日(木)キッズクッキングでうどん作りをしました。管理栄養士から説明を聞いた後、歌に合わせて協力しながらうどん生地を足で踏んでいきます。お友だち同士やペアでダンスしているように見えるのですが、その顔つきは真剣です。

自分たちで作った弾力のあるうどんは格別です。おやつにおかわりしながら、お腹いっぱい食べました。

さくらグループ(5歳児)

平成31年1月31日

小学校就学に向け、子どもたちが午睡している時間にさくらグループだけの活動を行っています。鍵盤ハーモニカやうた練習、30分程度机に向かって運筆練習、指先を使ったあそび、ボードゲームなど、お友だち同士で真剣に楽しんでいます。

1月のつどい

平成31年1月31日

1月9日(水)「1月のつどい」は新年のつどいでした。筝曲が流れる中で大型カルタとり、鏡もち運び、福笑い、長なわとび、羽根つきなど、5歳児さくらグループの子どもたちと職員が、あそびを披露しました。

おねえさんとあそぼう

平成31年1月31日

12月25日(火)神戸女子大学の隠岐先生、竹田先生と学生による「お姉さんとあそぼう」を楽しみました。体を動かしながら楽しむデジタル絵本、リトミック、うた、風船ゲーム、劇など、お姉さん達のプログラムは最後まで愛情いっぱいに続きました。

たのしいクリスマス

平成30年12月27日

保育園のクリスマスは夢がいっぱいです。サンタさんもきてくれました。

わらべうたであそぼう

平成30年12月27日

12月11日(火)子どもたちは講師や保育士と一緒に「わらべうた」で遊び、職員は研修を受けました。「わらべうた」は音楽教育として言葉・聞く力・リズム感・運動機能・判断力や敏捷性など、楽しみながら子どもの心と体を発達させます。

今後も研修を受けながら、わらべうたに親しんでいきます。

第7回きずなDAY・おおきくなったよ

平成30年12月27日

12月8日(土)神戸女子短期大学との連携事業『第7回きずなDAY』と保育園行事0、1歳児クラスの『おおきくなったよ』を同時開催しました。今年度から親子一緒に遊びのコーナーを楽しめるよう内容をさらに充実させています。音楽あそびや劇、制作遊びや手作りおもちゃ、人形劇や運動遊びなど各コーナーでは学生たちが笑顔いっぱいに迎えてくれました。

毎年、地域の子育て家庭の皆様にも楽しみにしていただいています。お子さまをお預かりしている間、保護者の皆様にはお茶を飲みながらの座談会、手作りおもちゃ製作などを楽しんでいただきました。学生の皆さんや短大の先生方と連携いただける保育園ならではの行事です。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

  • 音楽あそび
  • 制作遊び
  • 劇あそび
  • 人形劇

サッカー教室

平成30年12月27日

12月3日(月)4、5歳児を対象に「サッカー教室」を開催しました。コーチの課題に合わせて走ったり跳んだり、ボールを転がし追いかけたり、充分に身体を動かした後はドリブルやシュートの練習です。

最後には2チームに分かれて試合が出来るまでになると、同じチームの友だち同士が協力し合い、ゲームを進めていきました。点が入るとハイタッチ!大いに盛り上がりました。次回は1月に予定しています。

アンサンブル演奏

平成30年11月30日

11月16日(金)今年も「石屋川アンサンブル」のコンサートを楽しみました。フルート、クラリネット、オーボエ、ファゴット、ホルンの楽器紹介やクラシック曲、親しみのある曲の演奏が続きます。大好きな歌は子どもたちから「もう一回!」と熱い拍手でリクエストがあり、最後まで楽しい秋のコンサートになりました。

11月の避難消火訓練

平成30年11月30日

11月14日(水)避難消火訓練を行いました。今年は消防署の指導で煙も使用し、職員や保育参観の保護者の皆様にも水消火器を使って消火訓練を経験していただきました。実際に煙の中で、子どもを助けに行く訓練の様子を見た子どもたちの目は真剣です。

消火訓練の後はDVDを見て火災についての学習をしました。

秋の山登り

平成30年11月30日

11月7日(水)は4、5歳児が新神戸駅から布引の滝、風の丘までの山登りの日です。風の丘では斜面をコロコロ転んだり、鬼ごっこやかくれんぼを楽しんだり、ハンモックに揺られながら青空を見あげたりと、時間を忘れて遊びました。秋の山は自然がいっぱいです。色とりどりの花、木の実、落ち葉、自然が優しく子ども達を迎えてくれます。カマキリやカタツムリも「ぼくを見て」とばかりに子どもたちの前に現れてくれました。

やきいも屋さん

平成30年11月30日

11月5日(月)5歳児が皆で相談しながら準備をすすめてきた「やきいも屋さん」が遊戯室にオープンしました。小さなクラスや地域の「そよかぜひろば」のお友だちがチケットを持って訪れます。「いらっしゃいませー」とかけ声がかかり、ホットプレートで焼いたさつまいもをサービスしてくれました。その後は保育室で「やきいもコーナー」が出現し、再現遊びを楽しんでいました。

お野菜だーいすき

平成30年11月30日

給食の野菜に興味を持ってもらおうと、小さなクラスにも管理栄養士や栄養士が定期的に食材を保育室に届けています。野菜を手に取り、重さや手触り、においを確かめています。同じ食材が給食で調理され出てくると「さっきみたね!」と食材についての話がはずみます。名まえを訊ねながら、他の献立も意欲的に食べる姿がみられました。

パン作り

平成30年11月30日

この後オーブンで焼きます

今月の「キッズクッキング」はパン作りでした。プレーン生地とココア生地を使って自分のパンをデザインします。ハート・へび・ちょうちょ・自分の顔・パンダ・恐竜・ヘラクレスおおかぶとなど、世界に一つだけのパンを思い思いに成形していきます。焼き上がったおいしいオリジナルのパンは、おやつの時間に美味しくいただきました。

10月のつどい「お弁当をもってでかけよう」

平成30年10月31日

山の斜面もどんどん登ります

10月24日(水)幼児クラスは諏訪山へ園外保育にでかけました。3歳児すみれグループは金星台でどんぐりを見つけたり、葉っぱを見つけたりと、自然遊びを満喫しました。4歳児ひまわりグループと5歳児さくらグループは灯籠茶屋周辺まで足を延ばし、秋探しを楽しみました。

親子であそぼう

平成30年10月31日

10月19日(金)は2歳児にじ組の親子うんどうかい『親子で遊ぼう』でした。神女中山手保育園の園歌を並んで歌います。かけっこも名まえを呼ばれると、返事をしてスタートラインに並べるようになりました。親子で楽しむ「お買いものごっこ」では野菜を動物に食べさせたり、わらべうたあそびをしたりと、2歳児らしい和やかで楽しい競技になりました。

子どもたちが食事をしている間、神戸女子短期大学幼児教育学科の塚田先生に助言をいただきながら、クラス懇談会「子育てサロン」を開催しました。子育ては一般的にポジティブな感情だけに焦点があてられがちですが、ネガティブな感情も決して不自然な感情ではありません。

参加者の皆さんから多くの話を聞くことができ、子育てについての意義深い時間を持ちました。

  • 親子でわらべうたあそび

幼児クラスの「うんどうかい」

平成30年10月31日

10月13日(土)はポートアイランドキャンパスの体育ホールで幼児クラスの「うんどうかい」を開催しました。サッカーワールドカップのテーマ曲で入場行進をした後は、5歳児の「はじめのことば」でスタートします。「竹馬あそび」は5歳児だけの演技です。日頃から自分たちで技を考え、一緒に助け合いながら繰り返し乗れるようになるまでチャレンジしてきました。行事をリードしてくれる5歳児さくらグループは、皆の憧れの存在です。

親子競技では子どもたちも大喜びです。ボール運びやデカパン競走、二人三脚など特別はりきって競技に熱中しました。来賓や保護者の皆様には「パン食い競走」や「綱引き」「大人本気リレー」など大勢にご参加いただき、子ども達の大歓声の中で、大盛り上がりでした。

今年も大学・短大関係者の皆様には多くのご配慮をいただきました。学生ボランティアさんのサポートもあり、おかげさまで楽しいうんどうかいを開催することができました。

  • 毎日盛り上がるクラス対抗リレーです

えいごであそぼう

平成30年9月28日

神戸女子大学 英語英米文学科の先生と学生による今月の「えいごであそぼう」は乗り物と場面のマッチングゲームです。

バス、救急車、消防車、パトカー、飛行機、船などの乗り物にアメリカ、中国、病院、火災現場、警察、どろぼうなどの場面カードを合わせていきます。「bus」「ambulance」「fire engine」「police car」「plane」「ship」と乗り物を答えたり選んだりして英語に楽しく慣れていきます。

Hello songやGood bye songも覚えて、歌えるようになってきました。

キッズ・クッキング「お魚教室」

平成30年9月28日

今月のテーマは「魚」です。幼児クラスが1クラスずつ順に魚を囲み「お魚教室」を開きました。管理栄養士が今年は鯖を使い、魚の骨や体のしくみを説明します。「魚の命をいただいて人間も命を繋いでいる」という命の育ちと食を実感する体験になりました。

次はホワイトボードを使って子ども参加型のお魚クイズです。子どもたちは積極的に手をあげて答えたり、本物のうろこを手に取ったりして感触を確かめたりしました。鯖は塩焼きにして、ほかほかのご飯にのせて鯖ごはんの出来上がりです。神女中山手保育園では魚メニューが大人気です。

おいしい秋、もう食欲がとまりません。

ミュージックケア

平成30年9月28日

8月27日(月)29日(水)「そよかぜひろば」地域の親子の皆さんと園児が「ミュージックケア」に参加しました。聞き覚えのあるクラシック曲や子どもの大好きな歌に合わせて、リズムを感じながら手足や全身で表現を楽しみます。

「にじ」の歌に合わせてミュージックベルを使った演奏もその場で作り上げていきます。ツリーチャイムや様々な楽器を使った音楽あそびは、心を開放してくれるあそびです。

1年生を招いて

平成30年9月28日

8月23日(木)は1年生になり、すっかり逞しくなった修了児や旧職員を招き、在園児たちと一緒に園庭で「8月のつどい」を楽しみました。保育園○×クイズ、プールや色水あそび、もぐらたたき、園庭で採れた赤しそを使ったゼリー、ボーリングで盛り上がりました。お楽しみの給食はカレーパーティーです。修了児の皆さんが元気な姿を見せてくれた思い出の一日です。